鯖すしの日(3月8日 記念日)

滋賀県長浜市木之本町の北国街道(第二の鯖街道)沿いにあり、創業100年を数える老舗のすし店・料亭「すし慶」が制定。

日付は「さ(3)ば(8)」(鯖)と読む語呂合わせから。初代より「鯖の棒すし」を作り続け、そのおいしさや健康食品としての魅力で全国的に知られている「すし慶」では、有名デパートなどでの販売など鯖すしのPRにつとめている。

鯖の棒すし

「すし慶」の「鯖すし」について

「すし慶」の創業は1912年(大正元年)で、その歴史は大阪で修行した、すし屋の「慶三」さんと呼ばれた初代が、「鯖の棒すし」をリヤカーに積んで売りに歩いたことに始まる。

そして、今も「伝統の味」として残る「鯖の棒すし」は、同店の看板商品として多くの人々に支持され、愛されている。その初代から受け継がれた伝統の味を今も忠実に再現している。

リンク:すし慶

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事