佐久の日・ケーキ記念日(3月9日 記念日)

「日本三大ケーキのまち」の一つ、長野県佐久市の「信州佐久ケーキ職人の会」が制定。

日付は「さ(3)く(9)」(佐久)と読む語呂合わせから。佐久の美味しいケーキをPRすることが目的。

信州佐久ケーキ職人の会

佐久のケーキの秘密は、佐久の気候がケーキの本場「フランス」の気候に近く、日照時間が長く寒暖の差がある気候で育った上質な果物と、豊かな自然に育まれた牛乳や卵などの素材があること。そして、何よりもケーキ職人たちの腕と技術である。

毎年行われる「夢ケーキデザイン大賞」ではテーマに添ったケーキのデザイン案を公募し、受賞者には同会のメンバーが作品を実際に作ってプレゼントしている。2011年(平成23年)の「第13回 夢ケーキデザイン大賞」のテーマは「絆」で、応募総数は284通だった。以下の作品はその大賞の中の一つである。

夢ケーキデザイン大賞

ちなみに、「日本三大ケーキのまち」は「佐久」のほかに、「神戸」「自由が丘」とされている。これは人口あたりのケーキ店の数が多いことや、情熱的なケーキ職人たちが腕に磨きをかけて美味しいケーキを作り続けていることが理由である。

リンク:信州佐久ケーキ職人の会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事