名古屋コーチンの日(3月10日 記念日)

愛知県と一般社団法人・名古屋コーチン協会が2016年(平成28年)に制定。

日付は尾張藩士の海部壮平(かいふ そうへい)、海部正秀(かいふ まさひで)兄弟によって手がけられた地鶏の「名古屋コーチン」が、その優れた肉質や産卵能力が評価されて1905年(明治38年)3月10日に日本初の実用品種として日本家禽協会から認定された史実から。日本を代表するブランド地鶏である「名古屋コーチン」のより一層の消費拡大を図ることが目的。

官民一体となって名古屋コーチンの発展にまい進している。この日には愛知県内で名古屋コーチンをPRするイベントや名古屋コーチン鶏肉・鶏卵・加工品の即売会などが実施されている。

リンク:愛知県名古屋コーチン協会

名古屋コーチンについて

愛知県特産である鶏の名古屋コーチンは卵をよく産み、肉も美味しいことから、「卵肉兼用種」に分類されている。「名古屋コーチン」という呼称で広く知られているが、正式な品種名は「名古屋種」である。

名古屋コーチン(左がメス、右がオス)
名古屋コーチン
画像元:Wikipedia

「コーチン」(Cochin)とは、ニワトリの品種の一つ。元・尾張藩士の海部壮平と名古屋市内で養鶏業を営んでいた弟の海部正秀が、中国から入手したバフコーチンと日本の地鶏を交配して「名古屋コーチン」が生まれた。

名古屋コーチンの肉質は弾力に富み、よくしまって歯ごたえがあり、「こく」のある旨みがある。昔ながらの「かしわ肉」の味を楽しむことができる。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事