数学の日(3月14日 記念日)

1997年(平成9年)に公益財団法人・日本数学検定協会が制定。

日付は円周率(π)の近似値3.14から。数学を生涯学習として、子どもから大人まで楽しめるものに発展させようと制定された記念日である。

円周率
円周率
画像元:NIKKEI STYLE

3月14日は、多くの国で「3-14」の順に(特にドイツなどでは「3.14」と)表記され、円周率の小数表記「3.141592653589793238462643383...」の上3桁に一致する。そのため、この日は「円周率の日」でもあり、多くの国において団体や学校の数学科などで記念日を祝うパーティーなどが開催されることもある。

3月14日にオランダ・デルフト工科大学で焼かれたパイ
3月14日にデルフト工科大学で焼かれたパイ
画像元:Wikipedia

また、2009年(平成21年)にはアメリカ合衆国下院で2009年3月14日を「全米円周率の日」(National Pi Day)とする決議案が可決された。この決議案では、学校でこの日を利用して生徒に円周率について教え、「数学を学ぶ魅力を伝える」よう呼びかけている。

円周率について

円周率を使う公式には、「円の面積=半径×半径×円周率」や「円周の長さ=直径×円周率」などがある。この円周率は、小学校の時には「3.14」(場合によっては「3」を使用する)と習うが、中学校では「π」(パイ)という形に変身する。

円周率は、元々円周と直径の比(円周÷直径)で定義され、どの円でも一定の値を取るものだが、この計算(円周÷直径)は割り切れない。そのため、近似値や特定の文字に置き換えることで表現されている。

日本数学検定協会について

同協会は、「信頼性と有用性が高く、学習指針として広く認められる数学に関する検定事業を実施し、得られた知見を社会に還元することを通じて、世界中の人々の生涯にわたる数学への興味喚起と数学力の向上に貢献する」ことを理念に掲げ活動している。

同協会のシンボルマークは、円周率を表す数学記号「π」をモチーフにしている。

日本数学検定協会のシンボルマーク

「π」は、最も重要な数学定数と言われており、コンピュータの発達や宇宙開発など人類が今日に至るまで必要不可欠な数値である。また、無限に続く超越数という神秘的な数値でもあり、数学のロマンを感じさせる。そんな無限の可能性を秘めた「π」をシンボルマークとして同協会の想いを託している。

コンセプトカラーの4色には意味があり、「数学で世界中の人々に平和と安全を」という想いを緑色で、「アカデミックでロジカルな数学のイメージ」を青色で、「数学の楽しさで世界を明るく元気にしたい」という想いを橙色で、「数学の持つ神秘性」を紫色で表している。

この4色で塗り分けられた「π」は、同じ色が隣り合わない様に塗り分ける数学の難問「四色問題」も意識しており、どんなに難しい問題も諦めずに果敢にチャレンジしていく同協会のスピリッツを表現している。

リンク:日本数学検定協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事