国際結婚の日(3月14日 記念日)

1873年(明治6年)のこの日、明治政府が日本で初めて国際結婚を認めるとの太政官布告を出した。

国際結婚の歴史

1872年に英国で行われた長州藩のイギリス留学生・南貞助とイギリス人女性ライザ・ピットマンとの結婚が翌1873年6月3日に日本政府太政官に許可されたことで、これが日本における法律上の国際結婚第一号であるとされる。ただし、南より先の1869年に官僚・尾崎三良が英国においてイギリス女性と法的に婚姻している。日本での届け出は南より後の1880年である。また、2人とも後に離婚している。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事