ホームインスペクションの日(3月14日 記念日)

NPO法人・日本ホームインスペクターズ協会が制定。

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務のこと。日付は一般的な住宅を1軒ホームインスペクションする所要時間が平均3時間14分であることから。

ホームインスペクションについて

住宅の購入前や、自宅の売り出し前にホームインスペクションを行なうことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができる。居住中の自宅について調べることもある。また、不動産仲介業者が物件の状況を消費者に明らかにするために利用するケースも増えている。

ホームインスペクション

診断の方法は、目視で屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本である。機材を使用する詳細診断もある。ホームインスペクターは住宅の「かかりつけのお医者さん」である。

リンク:日本ホームインスペクターズ協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事