不動産鑑定評価の日(4月1日 記念日)

東京都港区虎ノ門に本部を置き、不動産鑑定評価に関する一般的相談や鑑定評価理論の研究などを行う公益社団法人・日本不動産鑑定士協会連合会が制定。

日付は「不動産の鑑定評価に関する法律」(不動産鑑定法)が施行された1964年(昭和39年)4月1日にちなんで。社会や国民に向けて不動産を鑑定する業務と不動産鑑定士の社会的な役割を周知することが目的。この日を中心に、記念講演会や無料相談会などを開催している。

不動産鑑定士について

限りある国土だからこそ価値が問われる時代。土地問題の焦点は「適正な地価」と「適正な土地利用」をいかに図るかというところにある。不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、「適正な地価」を判断する。つまり、不動産鑑定士は、不動産の価格についてだけでなく、不動産の適正な利用についての専門家でもある。

不動産鑑定士の仕事

不動産鑑定士はさまざまな分野で活躍している。国や都道府県が土地の適正な価格をー般に公表するための、地価公示や地価調査の制度をはじめとして、公共用地の取得、相続税標準地の評価、固定資産税標準宅地の評価、裁判上の評価、会社の合併時の資産評価ならびに現物出資の評価、さらには、不動産に関するコンサルティング等、広く公共団体や民間の求めに応じて不動産鑑定士が業務を行っている。不動産についての専門家「不動産鑑定士」はあなたの身近で活躍し、あなたの不動産の良き相談相手である。

リンク:日本不動産鑑定士協会連合会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事