サントリー赤玉の日(4月1日 記念日)

東京都港区台場に本店を置き、国内・海外のワイン事業を手掛けるサントリーワインインターナショナル株式会社が2017年(平成29年)に制定。

サントリーの酒造りの原点である「赤玉ポートワイン」が2017年に発売110周年となることから、その魅力をさらに多くの人に知ってもらうことが目的。日付は「赤玉ポートワイン」が発売された1907年(明治40年)4月1日にちなんで。

赤玉スイートワイン

サントリー赤玉について

明治時代の末、サントリーの創業者・鳥井信治郎は日本国内に葡萄酒を広めたいと考え、葡萄酒づくりに熱中していた。当時、スペイン産の葡萄酒を輸入し販売していたが、売れ行きは芳しくなかった。酸味が強く日本人の味覚には合わなかったのだ。

信治郎はポルトガルでつくられる酒精強化ワイン「ポートワイン」に出会い、その美味しさに感動した。そして、スペイン産ワインをベースに苦心と工夫を加え、ついに日本人に合う葡萄酒を完成させた。

その葡萄酒が、美しい赤と甘み、適度な酒精分を持った「赤玉ポートワイン」である。何よりもこだわったのは、その美しい赤い色で、それまでの葡萄酒は茶色か褐色に近い色だった。「赤玉ポートワイン」の赤い玉は日の丸、太陽。「これぞ日本人のための葡萄酒だ」と強い思いを込めて名付けられた。

赤玉ポートワイン

「赤玉」が発売されるまでは葡萄酒は薬酒として漢方薬のように飲まれていた。葡萄酒ではなく「赤玉ポートワイン」と名付け、西洋の酒として売り出したのが功を奏し、以来ロングセラーとなった。その後、1973年(昭和48年)に「赤玉ポートワイン」から「赤玉スイートワイン」に名称が変更された。

リンク:赤玉スイートワイン

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事