愛林日(4月3日 記念日)

日本でかつて行われていた国土緑化の記念日。現在「全国植樹祭」として実施されている。

1895年(明治28年)に来日したアメリカの教育家・ノースロップが、アメリカでの植樹運動「愛林日(Arbor Day)」を紹介し、1898年(明治31年)、林学博士・本多静六の提唱により神武天皇祭の4月3日が「植栽日」となった。

1933年(昭和8年)、大日本山林会会長・和田国次郎、農林次官・石黒忠篤らにより、神武天皇祭を中心とする4月2日~4月4日までの3日間を「愛林日」として、全国一斉に愛林行事を催すことが提唱された。翌1934年(昭和9年)から、全国的な植樹運動の日として「愛林日」を実施することとなり、日本初の中央植樹行事が茨城県・筑波山麓の「鬼が作国有林」で行われた。この中央植樹行事は、1950年(昭和25年)から「全国植樹祭」に引き継がれ、現在も実施されている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事