歯周病予防デー(4月4日 記念日)

歯周病罹患率80%という日本の現状を改善しようと、全国の歯科衛生士が立ち上げた新たな歯周病予防法(歯肉のプラークコントロール)の普及活動を行う「Goodbye Perio プロジェクト」が制定。

日付は4と4で「歯(4=シ)周病」「予(4=ヨ)防」と読む語呂合わせと、プロジェクトが本格的に活動を開始した2012年(平成24年)4月4日にちなんでいる。

「Goodbye Perio プロジェクト」について

歯周病(Perio)は、「歯肉炎」という初期症状と、それが進行した「歯周炎」という2つに分けられ、総称して「歯周病」と言われる。厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、成人で約8割、10代の子供でも約5割が歯周病にかかっている。しかし、その大半が「歯肉炎」という初期症状である。

そこで、同プロジェクトは「歯肉炎の状態であれば健康な歯ぐきに戻すことができる」という正しい情報と、デンタルフロスを使った歯周病予防法を1人でも多く人に伝えることを目的に活動を行っている。

リンク:Goodbye Perio

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事