清明(4月5日頃 二十四節気)

「清明(せいめい)」は、二十四節気のひとつ。現在広まっている定気法では太陽黄経が15度のときで4月5日頃。

春分」と「穀雨」の中間にあたる。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「穀雨」前日までである。

草木清明にして東南風の心地よい季節という意味から「清明」。すべてのものが清々しく明るく美しい頃とされ、様々な花が咲き乱れ、各地でお花見のシーズンを迎える。『暦便覧』には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されている。「清明」を花言葉にする花は、キンポウゲ科デルフィニウム属のヒエンソウである。

「清明」の日付は以下の通り。

  • 2016年4月4日(月)
  • 2017年4月4日(火)
  • 2018年4月5日(木)
  • 2019年4月5日(金)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事