城の日(4月6日 記念日)

1990年(平成2年)、兵庫県姫路市の観光課が「し(4)ろ(6)」(城)の語呂合せで制定。

姫路城を中心とした市の復興が目的で、この日を挟んで1週間は、姫路城周辺の文化・観光施設の無料開放、観桜会などが開かれる。また、名古屋市のシンボルでもある名古屋城でも2002年(平成14年)に語呂合わせで「城の日」と決定した。

日本三大名城の一つ姫路城は、1346年(正平元年)に赤松貞範により築かれた。西国統治の重要拠点として羽柴秀吉・池田輝政・本多忠政が城を拡張し、五層六階の大天守と三つの小天守があり、その真っ白な外観と形から別名・白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)とも呼ばれる。1912年(大正元年)に国宝に、1993年(平成5年)にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

リンク:兵庫県姫路城

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事