夜泣き改善の日(4月7日 記念日)

大阪府大阪市北区に本社を置き、一般用医薬品などの製造・販売を行う樋屋製薬株式会社が2017年(平成29年)に制定。

日付は「よ(4)な(7)き」(夜泣き)と読む語呂合わせから。同社の「樋屋奇応丸」(ひや・きおーがん)は厳選された生薬から作られた小児薬で、高ぶった神経を鎮め、心と身体のバランスを整えることで赤ちゃんの夜泣きを改善する。「樋屋奇応丸」をより多くの人に知ってもらい、赤ちゃんと親御さんの健康を守ることが目的。

樋屋奇応丸

樋屋奇応丸について

「樋屋奇応丸」は、沈香(ジンコウ)・麝香(ジャコウ)・牛黄(ゴオウ)・人参(ニンジン)・熊胆(ユウタン)など自然の生薬から成る。江戸時代から五臓のバランスを整える「五疳薬」(ごかんやく)として服用され、赤ちゃんの心身のバランスを整えて夜泣きを治める「小児五疳薬」としても愛用され続けてきた。

金箔でコーティングした丸剤の「樋屋奇応丸 特撰金粒」や、銀箔でコーティングし、非常に小さな丸剤で子どもでも飲みやすい「樋屋奇応丸 銀粒」などがある。特に西日本では「ひやきおーがん♪」のCMで知られている。

リンク:樋屋製薬

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事