花祭り(灌仏会、仏生会)(4月8日 年中行事)

仏教の開祖・釈迦の生誕を祝う仏教行事。関西では月遅れの5月8日に行われる。

古代から釈迦の生まれたインドで行われてきた行事で、日本ではお盆とともに文教伝来からの歴史がある。この日、各地の寺では花で飾った小堂・花御堂(はなみどう)が作られ、堂の中央に釈迦の立像を安置し、参拝者が御像に甘茶を注ぐ儀式が行われる。花御堂は釈迦が生まれたルンピニ園の花園を表している。甘茶をかけるのは、釈迦の誕生の時、産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来する。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事