ロータスデー(4月8日 記念日)

アニメ映画『手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-』を手がける東映株式会社が制定。

「ロータス(蓮)」は泥の中で美しく咲き、その姿が仏の叡智や慈悲の象徴とされる花。仏教の開祖であり、人々を幸せへと導くお釈迦様の誕生日(花祭り)であるこの日を「し(4)あわ(8)せを分かち合い、感謝する日」として、その象徴の蓮から「ロータスデー」とした。

2011年(平成23年)5月28日に公開されたこの映画は、1972年(昭和47年)から1983年(昭和58年)まで連載された手塚治虫の漫画『ブッダ』が原作。仏教の開祖で、釈迦族の王子ゴータマ・シッダールタの僧としての生涯を描いた仏教の歴史ストーリー。全14巻ある単行本の発行部数が2000万部を超える大ベストセラーとなっている。アメリカでも高い評価を受けており、2004年(平成16年)および2005年にコミック界のアカデミー賞と呼ばれるアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞した。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事