食と野菜ソムリエの日(4月9日 記念日)

野菜や果物のある豊かな食生活を提起する日として、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会(現:一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会)が制定。

野菜や果物の魅力を伝える人材(野菜ソムリエなど)を通じて、食を楽しむ社会の実現をアピールし、食事に関して考え、家族と食事をする日になどがその目的。日付は「し(4)ょく(9)」(食)の語呂合わせから。

「野菜ソムリエ」は、日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格。毎日の食生活に欠かせない野菜や果物の目利き、栄養、素材に合った料理法、盛り付け方などの幅広い専門の知識を持っていることを認定する。「野菜ソムリエ」の使命は、生産者と生活者の架け橋となること。

資格認定は2001年(平成13年)にスタートし、2010年(平成22年)3月以前は「ベジタブル&フルーツマイスター」という名称であった。メディアなどでの露出により、「野菜ソムリエ」が一般的に定着したために親しみやすい名称として改訂された。2016年(平成28年)時点で、日本全国に5万3000人が資格を有している。

リンク:日本野菜ソムリエ協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事