ほうとうの日(4月10日 記念日)

山梨県中央市に事務局を置き、「ほうとう」関連商品を扱う企業などで構成される「たべるじゃん//ほうとう推進協議会」が2017年(平成29年)に制定。

日付は「ほう(4=フォー)とう(10)」と読む語呂合わせから。山梨県の郷土料理である「ほうとう」の美味しさをより多くの人に知ってもらい、消費の拡大を図ることが目的。

ほうとう

「ほうとう」について

「ほうとう」とは、基本的には小麦粉を練りざっくりと切った太くて長い麺を、カボチャなどの野菜と共に味噌仕立ての汁で煮込んだ料理である。

戦国時代の武将・武田信玄が自分の刀で食材を切ったことから「宝刀」(ほうとう)と名付けられたという俗説もある。かつて山梨県内の各家庭で毎晩のように食べられていた「ほうとう」だが、食生活の変化や核家族化により、若い世代を中心に食べる機会が減ってきている。

同協議会では、食文化の伝承と「ほうとう」の復権を目指して、「ほうとうの歌」をつくったり、企業や学校給食のメニューとして出してもらうよう呼びかけたり、続々と企画を打ち出している。

リンク:たべるじゃん//ほうとう推進協議会(Facebook)Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事