子どもを紫外線から守る日(4月12日 記念日)

子どもを有害な紫外線から守る日をと、石川県能美市のUVカット化粧品製造の株式会社ルバンシュと、合資会社ピーカブーが制定。

日付は「よ(4)いひふ(12)」(良い皮膚)と読む語呂合わせと、紫外線が強くなる時期で予防を呼びかけるため。

「紫外線(ultraviolet;UV)」とは、波長が10~400nmで、可視光線より短く軟X線より長い、人の目には見えない電磁波である。「紫外線」の名前は、光のスペクトルで「紫よりも外側になる」ことがその由来である。英語の「ultraviolet」も「紫を超えた」という語から来ていて、ラテン語「ultra」は英語の「beyond」に相当する。

「紫外線」は、波長の長いほうから「UV-A(波長315~400nm)」「UV-B(波長280~315nm)」「UV-C(波長100~280nm)」と大別される。生物にとって一番危険な紫外線は波長の短い「UV-C」であるが、オゾン層で守られている地表には到達しないとされている。

現段階で最も注意しなければいけないのは、「UV-C」の次に波長が短く有害な紫外線である「UV-B」で、人において皮膚がん・白内障などの病気の原因と考えられている。フロンガス等によるオゾン層の破壊が進行すると、地上に降り注ぐ「UV-B」が増加し、人を含む生物への悪影響が増大することが懸念されている。

リンク:ルバンシュ

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事