飼育の日(4月19日 記念日)

教育活動の充実や希少動物の保護・繁殖などを目的に活動している公益社団法人 日本動物園水族館協会(JAZA)が2009年(平成21年)に制定。

日付は「し(4)い(1)く(9)」(飼育)と読む語呂合わせから。2017年(平成29年)4月1日現在、日本国内で同協会に加盟している動物園は89、水族館は60の計149園館ある。その他にも加盟していない動物園や水族館も多数ある。

動物園について

動物園とは、生きた動物を飼育・研究し、一般に公開する施設である。「動物園」という言葉は、「博物館」とともに福沢諭吉によるものであるとされる。1866年(慶応2年)の著書『西洋事情・初編』の中で「動物園には生きながら禽獣魚虫を養へり」と紹介し、「Zoological Gardens」の訳として「動物園」が使われた。それまでは「禽獣園」と呼ばれていた。「動物園」という言葉は現在では中国でも使用されている。

1882年(明治15年)に上野恩賜公園内に現在の東京国立博物館が移転開設され、恩賜上野動物園の前身である天産部附属施設(博物館の附属動物園)が作られ、そこで動物を飼育・展示したことが日本における「動物園」の始まりとされる。天産部には、動物・植物・鉱物など自然史系の物品が展示されていた。

水族館について

水族館とは、海や河川・湖沼などの水中や水辺で生活する生き物(水族)を主として飼育・研究し、一般に公開する施設である。1882年(明治15年)に恩賜上野動物園の前身である附属動物園の一角に「観魚室(うをのぞき)」が開設されたことが日本における「水族館」の始まりとされる。循環濾過装置のない水槽で、淡水魚を展示した施設であった。

1897年(明治30年)に神戸市兵庫区の和田岬で開かれた第2回水産博覧会において和楽園水族館が開設された。博覧会期間中だけの開設ではあったが、海水の水槽に本格的な循環濾過装置を備えていたことから、日本初の「水族館」と呼ばれている。また、神戸は「日本の水族館発祥の地」ともされている。

リンク:日本動物園水族館協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事