食育の日(4月19日・毎月19日 記念日)

4月19日の「食育の日」は、栄養補助食品のミキプルーンなどを販売し、大阪市北区梅田に本社を置く三基商事株式会社が制定。これとは別に国民運動として「食育」を推進するため、毎年6月を「食育月間」、毎月19日を「食育の日」に政府が制定。

4月19日の記念日の日付は「し(4)ょくい(1)く(9)」(食育)と読む語呂合わせから。食を通した教育の「食育」を、より深く考え実践する機会になるようにとの思いが込められている。

ミキプルーンは、カリフォルニアの自社農場で栽培したプルーンを加工したもので、現代人に不足しがちなビタミン・ミネラル・鉄・食物繊維・ポリフェノールなど、美容と健康に大切な成分を多様に含み、健康的な生活をバックアップしてくれる。同社のプルーンエキストラクト(エキス状のプルーン)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に宇宙日本食として認証されている。これまでに宇宙日本食として認証された食品には、レトルトカレー(ハウス食品)やラーメン(日清)、イワシのトマト煮(マルハニチロホールディングス)、羊羹(山崎製パン)などが含まれている。

政府の「食育」への取り組みには、食育の専門家を招いたシンポジウムや食育に関する展示会の開催、和食給食の普及のためのセミナーや献立開発、田畑での植え付けの農業体験など様々な活動が実施・支援されている。

リンク:ミキプルーン

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事