腰痛ゼロの日(4月20日 記念日)

日本カイロプラクティックドクター専門学院名古屋校の卒業生を中心に結成されている「420の会」(ヨーツーゼロのかい)代表の本坊隆博氏が制定。

日付は「腰(4)痛(2)ゼロ(0)」と読む語呂合わせから。腰痛で悩んでいる人をゼロにしたいとの思いが込められている。腰痛に対する対処法、予防法を指導する日。

腰痛とは、腰に痛み、炎症などを感じる状態を指す。2013年(平成25年)の厚生労働省による国民生活基礎調査において、腰痛の自覚症状がある日本人は約1340万人で、約10人に1人が腰痛を抱えていることになる。腰痛を最も抱えている年代は40~80歳で、年齢が高くなるほど高率である。また、日本人の90%が人生に一度は腰痛を経験すると言われる。腰痛のうち約85%は、レントゲンなどの画像検査では腰に明らかな異常が見られず原因がはっきりしない非特異的腰痛(腰痛症)である。

リンク:平成25年 国民生活基礎調査の概況

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事