エメラルドの日(5月4日 記念日)

2000年(平成12年)にコロンビアエメラルド輸入協会が制定。

国民の祝日である「みどりの日」にちなみ、緑色の宝石エメラルドをPRする日。当初は4月29日であったが、2007年(平成19年)に「みどりの日」が5月4日になるのにあわせて5月4日に変更された。エメラルドは5月の誕生石でもある。

エメラルドは、ベリル(緑柱石)の一種で、エメラルドグリーンと呼ばれる美しい緑色の宝石である。和名は、翠玉(すいぎょく)、緑玉(りょくぎょく)。宝石言葉は「幸運」「幸福」「誠実」(誕生石の起源 宝石言葉一覧)。

エメラルドの歴史は古く、世界の4大宝石にも数えられ、古代エジプトではクレオパトラも愛用したとされている。現在、コロンビアが最大の産出国であり、宝石用のエメラルドの80%以上がコロンビア産といわれている。

リンク:コロンビアエメラルド輸入協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事