おもちゃの日(5月5日 記念日)

1949年(昭和24年)に日本玩具協会、東京玩具人形問屋協同組合が制定。

端午の節句」にちなみ、1948年(昭和23年)に国民の祝祭日が制定されて「こどもの日」がスタートしたのに合わせて始まった。「こどもによい玩具を与える」「玩具を大切にする」「親たちに玩具についての関心を深めさせる」ことが目的。4月29日~5月5日は「おもちゃ週間」となっている。

「おもちゃ」の語源は、平安時代の「手に持って遊ぶ」行為である「もてあそび」「もちあそび」であり、「もちあそびもの」などと呼ばれていた。これが室町時代に、御所などに仕える女房たちの間で「女房詞(ことば)」のひとつとして、接頭語の「お」が上に添付され、下が省略されて「おもちゃ」という言葉が生まれた。

「おもちゃ」と同じ意味で使われる「玩具」(がんぐ)の「玩」は「もてあそぶ」という意味があり、「玩具」は「遊ぶための道具」という意味の言葉である。

リンク:日本玩具協会東京玩具人形問屋協同組合

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事