看護の日(5月12日 記念日)

1990年(平成2年)に厚生省(現:厚生労働省)が制定。

1990年8月、文化人・学識者による「看護の日の制定を願う会」が厚生大臣に要望書を提出し、12月に厚生省が5月12日を「看護の日」と定めた。看護する心、助け合いの心を広く知ってもらい、育んでもらおうと、イギリスの看護師フローレンス・ナイチンゲール(1820~1910年)の誕生日にちなんだもの。

1991年(平成3年)、「看護の日制定を願う会」が「看護の日」を一般社団法人 日本記念日協会の記念日として制定した。多くの人に看護についての理解を深めてもらうことが目的。

この日を含む週の日曜日から土曜日までを「看護週間」としている。「看護の日・看護週間」には、毎年テーマを決めて各地でイベントなどを開催している。2017年(平成29年)の「看護週間」は、5月7日(日)から13日(土)で、メインテーマは「看護の心をみんなの心に」である。

この日は、ナイチンゲールの誕生日にちなみ、「ナイチンゲール・デー」でもある。また、1965年(昭和40年)から国際看護師協会(ICN)が「国際看護師の日」に制定している。

リンク:厚生労働省日本看護協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事