ザリガニの日(5月12日 記念日)

1927年(昭和2年)のこの日、神奈川県の養殖業者によりアメリカ・ニューオーリンズからアメリカザリガニが持ち込まれた。

アメリカザリガニは、鎌倉食用蛙養殖場(現:岩瀬下関防災公園)に食用カエル(ウシガエル)の餌として持ち帰ったもので、アメリカで出荷された際は100匹であったが、無事に日本に到着したのはわずか20匹であった。

そのアメリカザリガニが養殖池から逃げ出し、その後、爆発的に広まったとされている。1960年(昭和35年)頃には九州でも確認されるほどになり、現在では沖縄を含む日本各地で確認され、国内では最もありふれたザリガニとなっている。

アメリカザリガニは、水草を切断したり、水生昆虫を捕食するなど陸水生態系に影響を与える。また、ザリガニ類特有の病気であるザリガニカビ病を媒介して在来種のニホンザリガニの生態を脅かすとされている。これらの悪影響から、日本生態学会により「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されている。

ウシガエルについて

アメリカザリガニと同様に、ウシガエルも養殖場から逃げ出して、または捨てられて、日本各地に分布を広げたとされている。こちらは各地の養殖場から逃げ出したようである。

ウシガエルは、大型かつ貪欲で、環境の変化に強く、固有種のトノサマガエルやダルマガエルなどの生態を脅かすことから、同学会によりアメリカザリガニと同じく「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されている。

リンク:岩瀬下関防災公園

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事