ファイバーの日(5月18日 記念日)

食物繊維(ファイバー)に関する情報提供を行う学術団体「ファイバーアカデミア」が2005年(平成17年)に制定。

日付は5(ファイブ)1(い)8(ば)で「ファイバー」と読む語呂合せから。食物繊維を摂取する大切さを再認識してもらうことが目的。

食物繊維の種類と効果について

食物繊維は、体内の消化酵素により消化されず、そのまま排出される成分である。食物繊維には大きく分けて2種類あり、水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維である。

水溶性食物繊維には、果物に多く含まれるペクチンや難消化性デキストリン、紅藻から抽出される寒天の主成分であるアガロースなどがある。肥満防止、コレステロール上昇抑止、血糖値上昇抑制などの効果があるとされている。

不溶性食物繊維には、野菜に多く含まれるセルロース、きのこなど菌類に含まれるキチンやキトサンなどがある。排便促進の効果があり、体に有害なダイオキシンなどの物質を排泄するデトックス効果もあるとされている。

日本人の食事摂取基準(2010年版)では、食物繊維の目標量は、成人男性で1日あたり19g以上、成人女性で17g以上とされている。2008年(平成20年)の国民健康・栄養調査において、食物繊維の摂取量は、10~40代の男女で14gにも満たないという結果が出ている。

不足しがちな食物繊維を積極的に摂取するためにも、穀物、野菜、きのこ、海藻、果物などバランスの取れた食生活が必要である。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事