対話と発展のための世界文化多様性デー(5月21日 記念日)

2001年(平成13年)に国連教育科学文化機関(ユネスコ)により、「文化多様性世界宣言」(Universal Declaration on Cultural Diversity)が採択された。翌2002年(平成14年)12月の国連総会において、5月21日を「対話と発展のための世界文化多様性デー」(World Day for Cultural Diversity for Dialogue and Development)として制定した。

国際デーの一つ。文化の多様性の価値をより深く理解し、その保護と発展、文明間の対話を促進させることが目的。

美術館や博物館に行くことで異なる文化に触れること、映画や本、音楽を通じて異なる文化について知ること、異なる宗教を持った家族や友人と食事をして人生観を交換することなど、異なる文化や宗教をより深く理解する日としている。

リンク:World Day for Cultural Diversity for Dialogue and Development

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事