長湯温泉「源泉のかけ流し」記念の日(5月24日 記念日)

大分県竹田市直入町長湯の長湯温泉旅館組合が制定。

長湯温泉は古くから名湯として知られ、その「日本一の炭酸泉」ともいわれる泉質の良さと、源泉かけ流しの魅力を多くの人に知ってもらうことが目的。日付は2006年(平成18年)のこの日に「源泉のかけ流し」を宣言したことから。

古くは江戸時代、豊後国岡藩(現在の大分県竹田市)の藩主・中川久清(1615~1681年)などに愛され、藩主・藩士の湯治に認めれていた温泉地である。また、与謝野晶子(1878~1942年)や川端康成(1899~1972年)などの文人墨客に好まれ、ゆかりの歌碑も多く点在している。

世界屈指の炭酸泉であり、その泉質は「飲んで効き 長湯して利く 長湯のお湯は 心臓胃腸に血の薬」と称えられている。炭酸泉の効能としては、血管の拡張による血行促進、血圧を下げる、飲用することで胃腸を整え便秘を緩和するなどの効果が挙げられる。温泉施設だけでなく、温泉を飲むことができる飲泉所もある。

5月26日は「源泉かけ流し温泉の日」。

リンク:長湯温泉

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事