みやざきマンゴーの日(5月25日 記念日)

JA宮崎経済連の宮崎県果樹振興協議会亜熱帯果樹部会が2014年(平成26年)に制定。

日付は「マンゴー(05)ニッコリ(25)」と読む語呂合わせと、この頃に宮崎県産マンゴーの出荷が最盛期にあたることから。「みやざき完熟マンゴー」として全国的知られる宮崎県産マンゴーのさらなるPRが目的。宮崎県産マンゴーは甘くて濃厚な味として人気が高い。

宮崎マンゴーについて

宮崎マンゴーは、1985年(昭和60年)に宮崎県西都市で栽培が始まったとされている。もともと宮崎マンゴーは、どちらかと言えばマイナーなフルーツであったが、2007年(平成19年)に東国原英夫が県知事に就任して以来、宮崎マンゴーの名前は全国に広まり、高級フルーツとして定着した。

最高級の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」は、糖度15度以上という厳しい基準をクリアしたことを証明するブランドである。「太陽のタマゴ」には、最上級のAA品(赤秀品)、それに次ぐA品(青秀品)の2種類の等級がある。「太陽のタマゴ」は、宮崎で収穫される完熟マンゴーのなかでも約15%程度で、最上級のAA品はわずか5%のとても希少なマンゴーとなっている。

リンク:JA宮崎経済連

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事