ル・マンの日(5月26日 記念日)

1923年(大正12年)のこの日、自動車耐久レースの最高峰、ル・マン24時間レースの第1回大会が、フランス北西部の町ル・マンで開催された。

第1回大会に参加したのは18メーカーで、フランス31台、ベルギーとイギリスから各1台の計33台が出走した。完走したのは30台。優勝したのは、地元フランス人ドライバーが乗るフランス車シュナール・ワルケルで、走行距離は2,209.536km、平均速度は92.064km/hであった。

日本勢は1970年代からマツダがル・マン24時間レースに参戦し、1980年代以降に日産自動車やトヨタ自動車、本田技研工業などが参戦した。1991年(平成3年)に、マツダがロータリーエンジンを搭載したマツダ787Bで総合優勝した。これが日本車メーカーの唯一の優勝となっている。

2016年(平成28年)、トップを快走していたトヨタは、悲願の初優勝を目前にしていた。しかし、残り3分のところでマシントラブルが発生し、ポルシェに逆転されてしまった。昼夜を通して24時間走り続けるル・マンの過酷なレース現場では、予期せぬトラブルが発生することがあり、「ル・マンには魔物が棲んでいる」との格言がある。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事