国連平和維持要員の国際デー(5月29日 記念日)

2002年(平成14年)の国連総会で採択された。国際デーの一つ。英語表記は「International Day of United Nations Peacekeepers」。

国連平和維持活動(United Nations Peacekeeping Operations:PKO)にかかわった全ての人の献身と勇気を称え、活動中に命を失った人々を追悼する日。

PKOとは、国連が受け入れ国の同意を得た上で、現地に要員を派遣して行う活動のこと。紛争地域における平和維持のために、紛争拡大の防止、休戦・停戦の維持、治安維持、公正な選挙のための監視などを行っている。

しかし、紛争地域における平和維持には常に危険が伴い、毎年、活動中に命を失う平和維持要員がいるというのが現実である。2017年(平成29年)現在、昨年の殉職者は117人で、これまでの殉職者は3,500人を超えている。

この日を中心にニューヨーク国連本部において、この国際デーを記念した式典が開かれる。国連事務総長により殉職した平和維持要員らを悼む花輪が捧げられ、前年の殉職者の栄誉を称えるメダルの贈呈式が執り行われる。

リンク:International Day of UN Peacekeepers

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事