女子将棋の日(5月30日 記念日)

2011年(平成23年)に日本女子プロ将棋協会(LPSA)が制定。

2007年(平成19年)のこの日、日本将棋連盟から独立する形で、同協会が設立された。設立総会には、日本将棋連盟から専務理事・西村一義、常務理事・田中寅彦が出席し、日本将棋連盟と友好的な関係を維持することで合意した。

同協会は、女流棋士の資質の向上、将棋の技術向上・指導方法の研究、女流棋士界の健全な発展、日本の伝統文化である将棋の普及を目的としている。

女流棋士と蛸島彰子について

女流棋士とは、将棋を職業とし、女流棋戦に参加する女性のことで、日本将棋連盟に所属する人、日本女子プロ将棋協会に所属する人、無所属(フリー)の人がいる。

史上初の女流棋士は蛸島彰子で、1961年(昭和36年)にプロ棋士の養成機関である奨励会に女性として初めて入会し、1966年(昭和41年)に20歳で初段に昇段した。

1975年(昭和50年)に初の女流棋戦である女流名人位戦(現:女流名人戦)で初代女流名人となり、以後3連覇した。また、1978年(昭和53年)に女流王将戦で初代女流王将となり、これも3連覇した。

蛸島は女流棋士の地位向上や育成についての役割も担い、女流棋士会の初代会長、女流育成会の幹事、日本女子プロ将棋協会の相談役や代表代行などを務めてきた。2017年(平成29年)に女流六段となっている。

2015年(平成27年)5月6日、同協会が主催するLPSA将棋パークにおいて、きゅりあん(品川区立総合区民会館)で「女子将棋の日」を記念した将棋大会「第1回 蛸島彰子杯」が開催された。

リンク:日本女子プロ将棋協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事