バリ舞踊の日(6月1日 記念日)

神奈川県藤沢市に本部を置くバリ舞踊連盟が制定。

日付はインドネシア共和国から大統領の特派文化施設団が来日し、日本での「バリ舞踊」交流が始まった1964年(昭和39年)6月1日から。2015年(平成27年)にユネスコの無形文化遺産に登録されたインドネシア・バリ島の伝統舞踊である「バリ舞踊」をより多くの人に知ってもらい、踊ってもらい、観てもらうことが目的。

バリ舞踊

バリ舞踊について

バリ舞踊(バリぶよう)は、バリ島で信仰されるバリ・ヒンドゥーの儀式や冠婚葬祭の際に演じられる舞踊である。バリ島の人々にとってバリ舞踊は生活やヒンドゥー教に欠かせないものであり、各寺院には専属ダンサーがいる。

舞踊芸術のケチャやレゴン、バロン・ダンス、憑依舞踊のサンヒャン・ドゥダリがよく知られている。これらは、元来は共同体の宗教儀礼として行なわれてきたものである。現在、実際に観光客に見せている舞踊は、共同体の祭祀から切り離され、観光用に創作されたものである。

リンク:バリ舞踊

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事