いぐさの日(6月1日 記念日)

福岡県三潴郡大木町に本社を置き、い草を使ったインテリア製品の製造・販売を手がける株式会社イケヒコ・コーポレーションが制定。

日付は年間で最も湿度が高い6月上旬で、夏物の衣替えの時期でもあることから6月1日に。湿気をよく吸い、消臭効果があり、空気をきれいにするなど、い草は住環境にも良いことから6月の「環境月間」に貢献することが目的。

い草カーペット「いろは」

いぐさについて

イグサ(藺草)は、水田の畦や湿地に自生する単子葉植物イグサ科の多年生植物である。イグサの茎を素材として、畳表やゴザ、帽子、枕などが作られる。また、俳句では夏の季語とされる。

イグサ

イグサは別名でトウシンソウ(燈芯草)ともいうが、これはかつて油で明りを採っていた頃に、この花茎の髄を燈芯として使ったことに由来する。今日でも和蝋燭の芯の素材として用いられている。

イグサの日本における主な産地は熊本県八代地方であり、国産畳表の8~9割のシェアを誇る。また、歴史的文化財の再生にも使用される高級品を出荷している。近年、自然素材の見直しなどによって、再びその価値に注目が集まっている。

リンク:イケヒコ・コーポレーションWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事