イタリアワインの日(6月2日 記念日)

イタリア大使館とイタリア貿易振興会が2007年(平成19年)に制定。

日付は第二次世界大戦終結後に行なわれた共和制移行を問う国民投票の結果を受けて、1946年(昭和21年)に国王ウンベルト2世が退位し、イタリア共和国が建国された記念すべき日であることから。美味しいイタリアワインの認知度を高め、そのニーズを掘り起こすことが目的。

この日は、イタリアでは「共和国建国記念日」として祝日となっており、ローマでは祝典とそれに続く軍隊による盛大なパレードや音楽会などが開催される。

イタリアワインについて

イタリアワインは、イタリアで生産されたワインのことである。イタリアは温暖な気候に恵まれており、20州全てで赤・白・ロゼ・スパークリングのワインが生産され、それぞれの州で特徴のあるワインが作られている。生産規模はフランスとほぼ互角であり、ワインの生産量・海外輸出量において一位二位の争いを繰り広げている。

イタリアワインの輸入・販売を行う日欧商事株式会社では、この日に合わせてイタリアの白ワインを解禁したり、「イタリアワイン・デー」祭を開催するなど、イタリアワインをPRするイベントを行っている。

リンク:日欧商事

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事