むずむず脚症候群の日(6月2日 記念日)

大阪府高槻市に事務局を置き、「むずむず脚症候群」とその関連疾患の患者またはその家族などで構成される特定非営利活動法人「むずむず脚症候群友の会」が制定。

日付は「む(6)ず(2)むず」と読む語呂合わせから。また、同会が創立した日である2008年(平成20年)6月2日から。

同会では、この疾患に苦しむ人を救うため、また、睡眠医療認定病院で適切な診断を受けられるようにと、講演会や懇談会などを通して啓発活動や正しい情報提供を行っている。

むずむず脚症候群について

「むずむず脚症候群」(Restless Legs Syndrome:RLS)とは、夕方から夜間にかけて下肢に虫がはうような異常感覚を生じ、脚の内部がむずむず・ちりちりして眠れない睡眠障害のことである。

むずむず脚症候群

その原因は、神経伝達物質であるドーパミンの機能低下や、中枢神経における鉄分の不足による代謝の異常などが考えられているが、正確な原因はまだ解明されていない。

その治療法としては、日常生活において、カフェイン・アルコール・過度の喫煙を避ける、脚のマッサージをするなど、非薬物療法により症状が抑えられるとされている。また、患者の多くは、適切な薬物療法で症状が大幅に改善する。一般的にはドーパミン神経の機能を高めるドーパミン受容体作動薬が効果があるとされている。

リンク:むずむず脚症候群友の会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事