てっぱん団らんの日(6月10日 記念日)

「鉄板(てっぱん)・ホットプレートを囲んで食べる食卓=団らん」を提唱しているオタフクソース株式会社が制定。

日付は、「てっぱん」を囲んでの食事は「食育」にも通じるとの思いから、「食育基本法」が成立した2005年(平成17年)6月10日に由来する。

同社は、広島県広島市に本社を置き、お好みソースや焼そばソース、たこ焼ソースなどのソース、酢、たれ、その他調味料の開発・製造・販売を行っている。

鉄板の意味について

鉄板(てっぱん)とは、鉄を板状に延ばしたもの、鉄の板のこと。「てっぱんメニュー」としては、お好み焼き、もんじゃ焼き、焼きそばなどがある。

また、鉄板は「硬い」ことから、「堅い」にかけ、俗に、間違いないこと、確実であることも意味する。競馬・競輪などで確実に狙えるレースのことを「鉄板レース」、お笑いの世界で確実にうけるネタ・ギャグのことを「鉄板ギャグ」という。

食育と食育基本法について

食育とは、食に関する教育のことで、食料の生産方法やバランスのよい摂取方法、食品の選び方、食卓や食器などの食事の環境、食に関する文化など、広い視野で食について学ぶこと、考えることを意味する。

食育基本法は、不規則な食事時間や栄養の偏りなどで健全な食生活が失われているとして、家庭や学校、地域における食育の推進、食育による健全な食生活の実現、健康の確保、伝統的な食文化の継承などを目的に制定された。

リンク:オタフク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事