モリシの日(6月14日 記念日)

大阪府大阪市で活動する「セレッソ大阪サポーター『モリシの日』の会」が制定。

プロサッカークラブ「セレッソ大阪」でミッドフィルダーやフォワードとして活躍、日本代表にも選出された森島寛晃が、2002年(平成14年)6月14日の日韓共催のワールドカップ(W杯)対チュニジア戦において先制ゴールを決めたことを記念したもの。日本の決勝トーナメント進出を決めたこの試合は、セレッソ大阪のホームスタジアムである長居スタジアムで行われたこともあり、多くのサポーターの記憶に刻まれている。

森島寛晃

翌2003年(平成15年)以降、毎年6月14日を森島の愛称から「モリシの日」として、セレッソサポーター有志が祝福してきた。これをきっかけにサポーター有志が森島本人の承諾を得て、一般社団法人・日本記念日協会に申請し、2014年(平成26年)に記念日が認定・登録された。

森島は1995年(平成7年)にセレッソ大阪が初めてJ1に昇格した時のメンバーであり、その後のチームの躍進を支えた特別な存在であることから「ミスターセレッソ」とも呼ばれている。森島が長年背負った背番号8はセレッソを象徴する背番号となり、後に香川真司、清武弘嗣、柿谷曜一朗といったセレッソの中心選手に引き継がれている。

リンク:セレッソ大阪モリシ.netWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事