手羽トロの日(6月16日 記念日)

大阪府大阪市旭区に本社を置き、鶏肉加工食品の販売を手がける株式会社マザーフーズが制定。

日付は数字の「6」が手羽元の形に似ていることと、「16」を「ト(10)ロ(6)」と読む語呂合わせから6月16日に。同社が登録商標している「手羽トロ」は鶏一匹からわずかな量しかとれない希少部位で、その美味しさを多くの人に知ってもらうことが目的。

記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。同社は2008年(平成20年)6月16日に設立された会社で、この日は「マザーフーズ設立記念日」でもある。

手羽トロについて

手羽トロとは、鶏肉の手羽元から太い骨を完全に取り除いた肉である。その肉を唐揚げにした手羽トロ唐揚げは、柔らかくプリプリとした食感で、もも肉にも胸肉にもないその食感がマグロでいうトロのようであることから、「手羽トロ」という名前が付けられた。

手羽トロ唐揚げ

同社は名付け親として「手羽トロ」「手羽トロ唐揚げ」の商標登録を取得している。「手羽トロ」という部位があると思われるほどに、その名前は広く知れ渡った。また、手羽トロ唐揚げは年間240トンもの出荷となり、手羽元の価格が高騰するとほどの大ブレイクを引き起こした。

リンク:マザーフーズ

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事