ロマンスの日(6月19日 記念日)

大切なパートナーとの仲がいつまでも続くように、この日に非日常的な演出をして二人の関係にトキメキを甦らせてもらおうと日本ロマンチスト協会が制定。

日付は「ロ(6)マンティ(1)ック(9)」と読む語呂合わせなどから。老若男女問わず、「本当に大切な人と極上の一日を過ごす」ことを推奨している。ロマンチストの聖地である長崎県雲仙市愛野町で、「ジャガイモ畑の中心でロマンスを叫ぶ」(通称:ジャガチュー)などのイベントを行っている。

「大切な人を世界で一番幸せにする日」を記念して幸せを分かち合い、絆を確かめ合う二人の誠実な誓いとして「真実の愛」の象徴である「青」に、「最愛」というメッセージを込めて、大切な人に“何かひとつ青いもの”を贈ることを提案している。

ロマンチストの聖地について

1911年(明治44年)に島原鉄道の本諫早~愛野間が開通し、愛野から吾妻(あづま)間の乗車キップは、両駅の名前をつなげると「愛しのわが妻」と読めることから全国的にも有名となった。これを受けて、愛野駅と愛野町は「ロマンチストの聖地」「愛の聖地」として、カップルや愛妻家に親しまれ、新婚旅行、日頃の罪滅ぼしの場所として、ロマンス文化の発展に貢献してきた。

愛野町には、多くの愛とロマンスが育まれた愛野協会、メルヘンチックなかわいらしい愛野駅、愛野展望台がある。日本ロマンチスト協会の本部もこの地に設置され、ロマンス文化の発展を目指している。また、愛野町はジャガイモ「愛の小町」の産地としても有名である。

リンク:日本ロマンチスト協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事