乾麺の日(乾麺デー)・そうめんの日(7月7日 記念日)

1982年(昭和57年)に全国乾麺協同組合連合会、全国乾めん普及協議会が制定。

平安時代、七夕の日に貴族も庶民も天の川にみたてて麺類を食べる風習があったことから。この風習は平安時代中期の儀式・作法などををまとめた「延喜式」(927年)に記述があり、七夕の儀式の供え物の一つに「そうめん」の原型といわれる「索餅(さくへい)」が供えられていた。冷麦や素麺など麺類の消費拡大が目的。

リンク:全国乾麺協同組合連合会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事