水上バイクの日(7月13日 年中行事)

新潟県新潟市に事務局を置く日本海マリンクラブが制定。

日付は「な(7)み(3)」(波)の間に「/(1)」で「波を切る」と読み、水上バイクの爽快感を表している。同クラブでは、クルージングやツーリング、講習会などを通して海難事故の防止や社会奉仕事業を行っている。この日には水上バイクの乗船会などを予定している。

水上バイクについて

水上バイク(水上オートバイ)は、船舶の一種「特殊小型船舶」であり、推進力としてウォータージェット推進システムを用い、ハンドルバーの操作と操縦者の身体バランスにより操縦する。1人乗り(スタンドアップタイプ)と2人・3人・4人乗り(ランナバウトタイプ)の二種類に分類される。

メーカー別では、ジェットスキー(カワサキ)、マリンジェット(ヤマハ)、シードゥー(ボンバルディア)が登録商標となっている。特に「ジェットスキー」の名称は、水上バイク全体を指す名称として使用されることがある。

水上バイクを操縦するためには、水上バイク専用の「特殊小型船舶操縦士」という免許が必要となる。この免許は一般的に「水上バイク免許」と呼ばれている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事