女性大臣の日(7月19日 記念日)

1960年(昭和35年)のこの日、日本初の女性大臣が誕生した。

岸内閣の後を受けて第1次池田勇人内閣が発足し、中山マサが厚生大臣として入閣した。中山マサは元自由民主党衆議院議員で、中山太郎(衆議院議員)は長男、中山正暉(衆議院議員)は四男、また中山泰秀(衆議院議員)は孫である。

長崎県長崎市の生まれで、イギリス人の父と日本人の母の一人娘であった。長崎市立高等女学校の教師を務め、弁護士で後に自由党参院議員となる中山福蔵と結婚。戦後の1947年(昭和22年)、第23回衆議院議員総選挙に民主党公認で旧大阪2区より立候補し当選した。民主党では、幣原喜重十郎しではら きじゅうろう派に所属し、後に幣原に従い民主自由党に移る。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事