スター・ウィーク(8月1~7日 記念日)

「スター・ウィーク ~星空に親しむ週間~」は1995年(平成7年)に、全国の天体観測施設の人たちの集まりで当時の国立天文台広報普及室長である渡部潤一が「バードウィークがあるなら、星でも同じような事ができるのではないか?」ということが提案されたことが始まり。

夜の闇の底で満点の星の光を前進に浴びることを、森林浴をもじって「星空浴(ほしぞらよく)」とネーミングした。主催はスターウィーク実行委員会、後援は国立天文台、天文学振興財団、協力は鳥取市さじアストロパーク他全国の有志。記念日には全国200以上の科学館や天文台で様々な催しが開かれている。

リンク:スター・ウィーク ~星空に親しむ週間~

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事