月遅れ七夕(8月7日 年中行事)

本来は旧暦7月7日の行事であるが、明治の改暦以降は新暦の7月7日や月遅れの8月7日に行われる。

1872年(明治5年)までの暦は旧暦とよばれる太陰太陽暦で、1873年(明治6年)1月1日からグレゴリオ太陽暦に改暦された。このとき、1月1日の正月元旦をはじめ、旧暦の月日による伝統行事はすべて新暦の同月同日に移行された。中心政府や出先機関は率先して新暦で行事を行ったが、都会から離れた地方などでは旧暦で行事を行う風習が残り、現在でも七夕を1ヶ月遅れの8月7日に行うことがある。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事