かっぱえびせんの日(8月10日 記念日)

東京都千代田区丸の内に本社を置き、菓子・食品の製造・販売を行っているカルビー株式会社が制定。

日付は「かっぱえびせん」のキャッチコピーの「や(8)められない、と(10)まらない」から、8月10日(やめとま)としたもの。「かっぱえびせん」のおいしさをさらに多くの人味わってもらうことが目的。

同社の「かっぱえびせん」は1964年(昭和39年)に発売のロングセラー商品で、香ばしいエビの香りとサクサクした食感で人気のスナック菓子。漫画家・清水崑(しみず こん、1912~1974年)の代表作『かっぱ天国』のキャラクターのカッパをパッケージに起用したためにこの名称となった。それまでは「かっぱあられ」という商品名であった。

1969年(昭和44年)のテレビCMで登場した「やめられない、とまらない」というキャッチコピーが当たり、「かっぱえびせん」はカルビー製菓の売上高を急激に押し上げる人気商品となった。

発売当初は瀬戸内海産の小エビを原料として使用していたが、現在はグリーンランド近海・中国・日本産のアカエビ・サルエビ・キシエビ・ホッコクアカエビの4種類で、製造時の漁獲量によって種類ごとの割合が変化する。なおパッケージに描かれているエビは一般的なエビのイメージを元にデザインされたもので、特に種の特定はされず、愛称も付けられていない。

「かっぱえびせん」はアメリカ、中国、タイ、シンガポールなど海外でも販売されている。また、塩分を通常の「かっぱえびせん」の40%カット、油をいっさい使用しない、大きさは通常の「かっぱえびせん」の約1/2などの特徴がある「1才からのかっぱえびせん」という商品もある。

リンク:かっぱえびせん

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事