処暑(8月23日頃 二十四節気)

「処暑(しょしょ)」は、二十四節気のひとつ。現在広まっている定気法では太陽黄経が150度のときで8月23日頃。

立秋」と「白露」の中間にあたる。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「白露」前日までである。西洋占星術では、「処暑」が処女宮(おとめ座)の始まり。

暑さが止むという意味から「処暑」といわれ、厳しい暑さが峠を越し、涼風が吹き始める。台風が高い確率で襲来する特異日とされている。

「処暑」は以下の通り。

  • 2016年8月23日(火)
  • 2017年8月23日(水)
  • 2018年8月23日(木)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事