気象予報士の日(8月28日 記念日)

1994年(平成6年)のこの日、第1回の気象予報士国家試験が行われた。

気象庁以外の人が気象予報を行う際、その予報の技術水準や信頼性を担保するための技能試験として創設された。第1回の合格率は18%で、平均の合格率は約5%となっている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事