印章の日(10月1日 記念日)

全日本印章業組合連合会が制定。

1873年(明治6年)のこの日、太政官布告によって公式の書類に実印を押すように定められた。印章とは印・判・判子ともいい、個人・団体のしるしとして文書に押すことにより、その責任や権威を証明するもの。日本では西暦57年ごろに中国から日本に送られたとされ、1784年に発見された「漢委奴国王」の金印が最古のものとして有名である。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事