商品検査の日(10月1日 記念日)

兵庫県神戸市の生活協同組合コープこうべ・商品検査センターが制定。

同組合は「安全な食べものを食べたい」という組合員の願いにこたえ、1967年(昭和42年)10月1日に国内の生活協同組合で最初に商品検査室を開設した。以来、消費者の視点に立った地道な商品検査活動を続け、2017年(平成29年)で50周年になることを記念したもの。日付は開設した日から。

商品検査センターでは、放射性物質検査、残留農薬検査、食品添加物検査、重金属検査、栄養成分検査、動物用医薬品検査、微生物検査、アレルゲン検査、家庭用品検査、繊維製品検査、官能検査などを行っている。家庭用品検査では商品の安全性や性能、耐久性などを調べ、繊維製品検査では色落ちや伸び縮み、毛玉のできやすさなどを調べ、官能検査では機械ではなく人間の五感を使って「おいしさ」「使いやすさ」「味のバランス」などを評価している。

リンク:コープこうべ・商品検査センター

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事